薄毛の改善方法は?ハゲは食べ物や育毛剤で対策できる

AGA(男性型脱毛症)に効く育毛剤や薄毛対策方法を紹介

男性ホルモンを影響とした薄毛の種類と改善方法

男性ホルモンが薄毛に影響するって聞いたことがあるけど
「歳を取ると男性ホルモンの分泌は少なくなるのに何でAGAになるの?」
「ボディービルダーは男性ホルモンを多く分泌しているのに何でハゲないの?」と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと男性ホルモンによる影響でAGAは発症します。
しかし、男性ホルモンの分泌量が多いからといってハゲるわけではありません。

 

今回は男性ホルモンを影響とした脱毛症のメカニズムと薄毛の改善方法について紹介しいます。

男性ホルモンを影響とした薄毛

性別は関係なく男女ともに男性ホルモンの影響により薄毛になります。

男性ホルモンを原因とする脱毛症ですが男女により呼称が異なります。

  • 男性・・・AGA(男性型脱毛症)
  • 女性・・・FAGA(女性男性型脱毛症)

 

多くのハゲは男性ホルモンが原因

男性ホルモン以外を原因とした脱毛症は「円形脱毛症」「牽引性脱毛症(ポニーテールなど髪の引っ張りすぎ)」「抗がん剤による脱毛」などがあります。

これらの薄毛患者は男性ホルモンを原因とした脱毛症の人数と比べると非常に少数です。つまり、世の中のハゲの多くが男性ホルモンの影響を受けての薄毛です。

 

また、薄毛を気にしている性別・年代別の調査は以下のようになっています。

 

<薄毛を気にしている男性>

20代・・・74.7%

30代・・・77.9%

40代・・・75.6%

50代・・・71.4%

 

<薄毛を気にしている女性>

20代・・・67.7%

30代・・・72.1%

40代・・・77.6%

50代・・・80.3%

 

出典:薄毛に関する意識調査より

 

薄毛に関する意識調査の結果では成人の男女ともに7割以上の人が髪に対して何らかの悩みを抱えていることがわかりました。

 

M字ハゲも頭頂部の薄毛も男性ホルモンが影響している

男性ホルモンが影響し薄毛になる箇所は「生え際(M字ハゲ)」「頭頂部」です。

生え際と頭頂部のどちら、もしくは両方が薄毛になるのか人により異なります。

これは遺伝的に薄毛になる箇所が生まれたときから決まっているためです。

 

しかし、将来的にハゲる運命であったとしても生活習慣や育毛剤による薄毛の改善治療を行うことでハゲる時期を遅くできます。

 

薄毛は男性ホルモンとテストロステロンが結びつくことが原因

 男女ともに思春期を過ぎると男性ホルモンの分泌量が増加します。陰毛やヒゲが濃くなるのも男性ホルモンによる影響です。

 

薄毛の原因となる男性ホルモンは「テストステロン」と呼ばれるホルモンです。

 テストステロンと5α-リダクターゼという酵素と結びつくと「ジヒドロテストステロン」に変化します。

ジヒドロテストステロンは強力な脱毛因子で成長途中の髪に対して「成長活動を停止して抜けろ」と指示を出します。

ジヒドロテストステロンから支持を受けた髪の毛は抜け薄毛が進行していきます。

 

筋トレは男性ホルモンの分泌に影響するがハゲには直接結びつかない

筋トレをすると男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が増加します。

これはテストロステロンに筋肉を増大させる働きがあるためです。

 

テストロステロンは薄毛の原因物質ではありますが増加したテストロステロンは筋肉の成長に使われるため過度に心配する必要はありません。

 

大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンを増やし薄毛を改善する

 豆乳や豆腐などに含まれるダイズイソフラボンは女性ホルモンを増やし抜け毛を減らしてくれる働きが期待できます。

これは、男性と女性で薄毛に悩む人を比較すると女性のほうが人数が少ないことと同じ理由になります。

女性は、女性ホルモンが優位に働いているため男性ホルモンの影響を受けにくいためです。大豆イソフラボンを積極的に摂取することで女性ホルモンを優位に働かせハゲの予防ができます。