薄毛の改善方法は?ハゲは食べ物や育毛剤で対策できる

AGA(男性型脱毛症)に効く育毛剤や薄毛対策方法を紹介

筋トレは薄毛の改善効果があった!男性ホルモンが増えてもハゲない理由

「筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲる」なんてことを耳にしたことはありませんか?

これ、半分本当で半分はウソです。

 

まず、筋トレをしたからといってハゲません!!

 

例えば筋肉隆々のサッカー選手はハゲているでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウドの筋肉の写真

(クリスティアーノ・ロナウド)

 

多くの選手は髪はフサフサで体から活力がみなぎっている印象でははいでしょうか?

※ジダンとアルシンドはハゲていましたが。。w

 

筋トレをすると男性ホルモン(テストステロン)の分泌は増加しますが、それが抜け毛の原因になることはありません。

 

逆に、筋トレには薄毛の改善効果があります!

 

当ページでは筋トレによる薄毛の改善効果と、ハゲないための筋トレメニューを紹介します!

 

筋トレでテストステロンが増えてもハゲない理由

まず、筋トレをすると睾丸で作られるテストステロンの分泌量が増加します。

 

そして、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロン)がⅡ型5αリダクターゼと反応することで発生するジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛の原因になります。

 

これだけを聞くとジヒドロテストステロンを発生させるもととなるテストステロンを発生をさせないことが薄毛の改善につながると感じますがそうではありません!

 

それでは、テストステロンの分泌量はAGAに直接的な関わりがないことを詳しく紹介します。

 

テストステロンとAGAの関係性

日本泌尿器学会の研究結果によるとテストステロンは年齢とともに分泌量が減少します。

f:id:bouldering-guide:20161217000925p:plain

出典:https://www.urol.or.jp/info/

 

AGAは加齢と比例して抜け毛と発症率が増加するのに対して、テストステロンは年齢とともに減少します。

つまり、体内に存在するテストステロンの量とAGAの発症に相関関性が見られないことがわかります。

 

AGAの発症はテストステロンの量ではなくⅡ型5α-リダクターゼとどれだけ反応するかによります。

具体的には、Ⅱ型5α-リダクターゼと反応する前にテストステロンを別の目的で作用させてしまえばジヒドロテストステロンの発生を抑制できるというワケです。

 

テストステロンと筋肉との関係性

テストステロンは男性らしいたくましい体をつくるための働きがあります。

以下はテストステロンの働きです。

  • 筋肉を大きくする
  • 骨を太くする
  • たくましい体のラインを形成

つまり筋トレをして新たな筋肉を生成する、もしくは筋肉を維持するためにはテストステロンを必要とします。

筋肉の増加や骨の強化はAGAの原因となるジヒドロテストステロンよりも優先的に使われます。

 

逆に運動や筋トレを何もしていない状態ではテストステロンは身体の形成に使われることがないためジヒドロテストステロンへと変化してしまう確率が高くなります。

 

筋トレの薄毛改善効果

筋トレにはジヒドロテストステロンの発生を抑制する以外にも以下の薄毛の改善効果があります。

  • 成長ホルモンの分泌を促す
  • ストレスの解消効果

それでは、それぞれについて詳しく紹介します。

  

筋トレは成長ホルモンを分泌させて髪の毛を増やす

筋トレなどの無酸素運動をすること成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは「若返りホルモン」と呼ばれアンチエイジングと深い関係があります。

 

また、成長ホルモンは毛母細胞を活性化させる働きがあり発毛を促進させます!

成長ホルモンは深い眠りに入ると分泌されるため、筋トレで適度な疲労感を与え質の良い睡眠をとることで相乗効果が得られます。

 

筋トレでストレスを解消して薄毛を改善

現代の社会は、職場、人間環境、生活習慣など常にストレスに晒されています。

ストレスは自律神経に乱れをおこし交感神経を優位に働かせた状態にします。

 

交感神経は身体を緊張状態にさせ血管を収縮させます。

血管が収縮されると髪の毛に成長に必要な栄養素を運ぶ毛細血管に十分な血液が流れなくなってしまうため髪の成長が滞ります。

 

筋トレや運動をすることでストレスが解消され副交感系神経が活発になりリラックス状態になることで血管が拡張し毛母細胞まで栄養が運び込まれ薄毛の改善につながります。

 

サッカー選手の筋トレメニュー

サッカー選手は強力なシュートやロングパスをするための大腿四頭筋や、相手選手からの強い当たりに対してフィジカル(体幹)など全身の筋肉を鍛えています。

 

サッカー選手は筋トレメニューは、腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・ハムストリングスといった下半身や、背柱起立筋や腹筋など上半身も筋トレで強化しています。

 

以下は世界トップレベルの選手、クリスティアーノ・ロナウドの筋トレメニューです。 

www.instagram.com

スクワット150kg(尻・脚)

ベンチプレス100kg(胸・肩・腕)

クリーン75kg(尻・脚)

レッグプレス200kg(脚)

デッドリフト200kg(脚・尻・背中)

ショルダープレス70kg(肩)

アームカール30kg(腕)

トライセプスエクステンション30kg(腕)

ラットプルダウン75kg(背中)

ベンチディップ75kg(腕・肩)

ブリッジ75kg(体幹)

以上、すべて6回4セット

出典:http://smile-make-smile.com/karadazukuri/4177/

 

ここまで筋トレをやっても禿げないどころか髪はフサフサです。

クリロナ程の筋トレメニューは一般人には無理なので、ハゲないための筋トレメニューを紹介します。

 

ハゲないための筋トレメニュー

ハゲないための筋トレでは、手軽さと面積の大きな筋肉を鍛えて新陳代謝を上げて血液を全身に行きわたるようにします。

血液の循環が良くなると髪の毛の成長に必要な栄養素を毛乳頭細胞まで届けてあげることができます。

それでは筋トレの方法と効果を詳しく紹介します。

 

腹筋の筋トレ:クランチの効果

クランチは腹筋を効果的に鍛える効果があります。

やり方は、通常の腹筋運動に似ていますがやり方によって筋肉への負荷がかわります。

youtu.be

 

下腹部の筋トレ:レッグレイズの効果

レッグレイズは簡単に下腹部の筋肉を効率的に鍛える効果がります。

youtu.be

 

足の筋トレ:スクスワットの効果

スクワットは足の筋肉とお尻の筋肉を引き締める効果がります。

鍛えられる筋肉の箇所は、大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋、大殿筋などです。

youtu.be

 

ジョギング運動はふくらはぎの筋肉を鍛える効果がある

ジョギングをすることでふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

ハゲないためのジョギング運動は、つま先立ちのままゆっくりしたスピードで、なるべく長く走ります。(目安は30分)

 

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、ふくらはぎを鍛えると下半身にたまった血液を心臓まで押し戻し全身の血流を良くする効果があります。

 

楽したい人はロナウド愛用の腹筋マシーンがおすすめ

地道な筋トレやジョギングが面倒な人におすすめなのがEMS運動機器です。

EMS運動機器とは、「Electrical Muscle Stimulation(電気筋肉刺激)」の略で電気で筋肉を刺激して筋肉を鍛えるエクササイズマシンです。

通常の筋トレでは鍛えにくいインナーマッスルを鍛えられます。

 

ロナウドをイメージキャラクターとして起用しているいま話題のEMS機器「SIXPAD」は二の腕、腹筋、太ももの筋肉を自宅でテレビを見て寝ころびながらでも効率的に鍛えられます。 

 

youtu.be

 

SIXPADは肌につけるだけで筋トレができるので、今までスポーツをしたことが無い人や日々の生活が忙しくて筋トレをする暇が無い人におすすめです。

 

SIXPAD(シックスパッド)公式サイトへ

筋トレ後の食事はタンパク質を摂取すること

筋トレ後には筋肉と髪の毛の生成に必要な栄養をとらなければ折角のトレーニングの効果が得られません。

意識して摂取したい栄養素はタンパク質で、他には吸収効率をあげる栄養をも一緒に食べましょう。

 

以下は筋トレ後のおすすめの食べ物です。

  • 鶏肉
  • 大豆製品(納豆など)
  • マグロ
  • 緑黄色野菜
  • オリーブオイル
  • アーモンド

 

 鶏肉や大豆製品といったタンパク質と緑黄色野菜などのビタミンB群に加えて、成長ホルモンのもととなるコレステロール(オメガ脂肪酸)をバランスよく摂取しましょう。

 

いっきに髪を生やしたい人におすすめの育毛剤