薄毛の改善方法は?ハゲは食べ物や育毛剤で対策できる

AGA(男性型脱毛症)に効く育毛剤や薄毛対策方法を紹介

リアップX5の薄毛の改善効果と副作用

リアップX5の製品画像

 

大正製薬かは発売されている発毛剤「リアップ」の育毛・脱毛抑止効果と主成分ミノキシジルの副作用を紹介します。

リアップX5プラスとは

リアップX5プラスとは、大正製薬が製造・販売するAGA(男性型脱毛症)による抜け毛の進行抑制と、育毛・発毛効果のある男性用発毛剤で正式名称はリアップX5プラスローション(以下リアップX5プラスで表記)です。

 大正製薬はリアップX5プラスを含む4種類のリアップシリーズと呼ばれる発毛剤を販売しています。

リアップX5プラスは、このリアップシリーズの中で最新の育毛剤で、シリーズの中で最も高い育毛・発毛効果があります。

また、リアップシリーズは厚生労働省より頭皮に塗布するタイプのAGA治療薬として日本で唯一認可を得た発毛剤です。

育毛剤と発毛剤の違い

リアップとドラッグストアやネットでAGAに効くと打ち出して販売されている育毛剤には大きな違いがあります。

市販されている育毛剤は、資生堂の薬用アデノゲンをはじめ、薬用ポリピュア、カロヤンなど様々な商品があり、「発毛促進」「薄毛予防」「血行を促進し発毛を促進する」などのキャッチコピーを掲げ販売されています。

 しかし、これらの育毛剤は臨床試験による発毛効果が立証されていないため、厚生労働省より「発毛剤」としての販売が認められていません。これらの育毛剤は医薬部外品に分類され、薬事法で広告表現の規制が設けられています。

 

<医薬部外品の広告規制>

育毛、薄毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、養毛 等の表現が可能

発毛効果の表現はNG

 

リアップ以外の育毛剤は発毛効果がみられないため「禿げを治したい!」といった利用目的で使用しても髪が生えてくる可能性は極めて低いです。(同じAGAでも抜け毛となる原因が人により異なるため育毛剤でも発毛効果が得られる場合があります)

 AGAの治療を行う前には発毛剤と育毛剤の効果をハッキリと区別して治療薬を選びましょう。

 

<発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い>

種類商品効果
発毛剤

リアップシリーズ

AGA(男性型脱毛症)の治療において最も効果の高い薬剤。髪が抜けてしまった箇所から新しく髪を生えさせる効果があります。

育毛剤

薬用アデノゲン、薬用ポリピュア、カロヤンなど

発毛剤の次に効果が高い治療薬。現在生えている髪の成長を促進する効果と抜け毛の予防を目的としています。

養毛剤

漢方薬が配合された商品

最も効果が薄い薬剤。頭皮の環境を健康な状態に整え抜け毛の予防や血行を良くして育毛を促す効果を目的としています。

 

リアップシリーズは、禿げてしまった頭皮から髪を生やし、育毛を促進させ抜け毛を予防する効果が厚生労働省から認められたAGA治療薬です。

リアップX5プラスを含むリアップシリーズは、禿げている部分から髪を生やしたいと考えている人を対象としたAGA治療薬です。

これまでのリアップとの違い

リアップX5プラスとこれまでのリアップシリーズとの違いを紹介します。

 

リアップシリーズの発売日と値段表

商品名

発売日

内容量

医薬品目

商品価格

1日の換算料金

用法

リアップ

1999/6/3

60ml

第1類医薬品

¥4,742

¥158

1日2回、1回1mL

 

2002/10/1

120ml

第1類医薬品

¥6,647

¥111

1日2回、1回1mL

リアッププラス

2008/1/21

60ml

第1類医薬品

¥5,239

¥175

1日2回、1回1mL

リアップジェット

2012/12/3

100ml

第1類医薬品

¥3,800

¥127

1日2回、1回1mL

リアップX5プラス

2015/10/5

60ml

第1類医薬品

¥7,048

¥235

1日2回、1回1mL

 

リアップシリーズの第一弾となる「リアップ」は1999年に全国の薬局で販売が開始され、当時は国が認めた初めての発毛剤として話題となり全国的に慢性的な品薄状態が続くほどの人気で連日テレビのニュースで報道され社会現象にまでなりました。

 全てのリアップシリーズで医療品目は「大一塁医薬品」で用法は「1日2回、1回1ml」は変わらず、料金のみ異なります。

 

使用料を1日に換算したところ、最安値はリアップ120mlで1日約111円、最も高い使用料はリアップX5プラスで約235円でした。

 

 それでは続いて内容内分の違いを紹介します。

 

リアップシリーズの内容成分量の比較表

商品名

ミノキシジル

トコフェロール酢酸エステル

l-メントール

パントテニールエチルエーテル

ピリドキシン塩酸塩

リアップ

1.0g

 

 

 

 

リアッププラス

1.0g

0.08g

0.3g

1.0g

 

リアップジェット

1.0g

0.08g

0.3g

1.0g

 

リアップX5プラス

5.0g

0.08g

0.3g

 

0.05g

 

リアップシリーズはミノキシジルによる「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び抜け毛の進行予防」を目的としたAGA治療薬であるため、リアップシリーズの全ての商品に「ミノキシジル」が含まれています。

ミノキシジルは発毛・育毛と脱毛の進行を抑制する効果のあるAGA(男性脱毛症)患者に有効な成分です。このミノキシジルの発毛効果が厚生労働省より認められている成分です。

 

また、ミノキシジルは多いほど高い発毛効果が得られます。

ミノキシジルの含有量は、リアップ・リアッププラス・リアップジェットは1.0mg、リアップX5プラスは5.0mgとミノキシジルはリアップX5プラスが最も多く含まれており最も発毛・育毛効果があります。

 

ミノキシジルの発毛・育毛およびAGAによる脱毛の進行を抑制する効果については以下にて紹介しています。

ikumou-no-kamisama.hatenablog.jp

 

ミノキシジル以外の成分はシリーズを重ねるごとに含有成分が変更されています。

理由は初代リアップの使用後に頭皮の「かゆみ」を感じる人がいたため、かゆみを抑える成分「l-メントール」がリアッププラス以降には配合されています。

その他には、頭皮の環境を改善し育毛環境を整える効果のある成分など配合されています。

 以下はリアップに配合されているそれぞれの成分の効果です。

リアップに配合されている成分の効果

成分名

効果

ミノキシジル

発毛、育毛及び脱毛の進行を予防

トコフェロール酢酸エステル

皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護

l-メントール

炎症・かみのを抑え清涼感が得られる

パントテニールエチルエーテル

毛細胞に栄養を補給し活性化

ピリドキシン塩酸塩

過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制

 

リアップX5プラスは、フケや皮脂の過剰分泌を抑える「ピリドキシン塩酸塩」が新たに配合されています。

これにより発毛を阻害する皮脂をコントロールし頭皮環境を整えることで髪へのマイナス要因を除去し、ミノキシジル本来の発毛効果を発揮させます。

リアップX5プラスの発毛効果

それではリアップX5プラスの発毛効果を、大正製薬が厚生労働省より商品化の認可を得るために提出した臨床試験データをもとに紹介します。

 

リアップX5を6カ月使用した際の発毛効果

大正製薬がリアップX5を6カ月使用した際の発毛効果は以下の結果となりました。

 

6か月後の薄毛改善率:81.2%

 

<6か月後の発毛効果の詳細>

改善内容

割合

中度回線

10.4%

軽度改善

70.8%

変化なし

18.8%

悪化

0%

 

この結果からリアップX5を使用して6か月後には、脱毛の進行が抑えることに成功していることがわかります。

また、軽度改善(薄毛となった部分から明確に新しい髪が生えていることが確認できる)が70.8%と大部分を占める結果となりました。

新しく生えてきた毛が太く長い毛に成長することで周囲から薄毛として見られることがなくなります。以下にて発毛本数と髪の太さについての詳細データを紹介します。

 

リアップX5プラスの発毛効果を示す臨床試験データ

AGAの症状が進行し髪が薄くなった人がリアップX5を6カ月間使用した際の臨床試験の結果です。

この調査では、禿げている頭皮1㎠当たりの毛髪を4週間ごとに計測して変化の値をデータ化してリアップX5の発毛効果を検証したものです。

<1㎠あたりの毛髪の変化量データ>

リアップの1㎠あたりの毛髪の変化量データ

使用期間

毛髪数

前回からの発毛数

4週目

1.4本

-

8週目

19本

17.6本

12週目

23.7本

4.7本

16週目

22.3本

-1.4本

20週目

21.4本

-0.9本

24週目

21.8本

0.4本

 

この臨床試験データでは、リアップX5を使用開始してから2カ月目に1.4本から19本まで毛髪量が増加していることがわかります。使用期間3か月目には2か月目から更に4.7本増加し23.7本まで発毛しています。リアップX5の使用を開始してから4か月目以降はAGAの症状が進むことなく一定の毛髪量で安定した状態を保つことに成功しています。

この結果から、リアップX5は禿げている頭皮からも発毛することがわかります。

 

リアップX5の育毛効果を示す臨床試験データ

日本人の髪の太さの平均50μm~100μmでAGAを発症すると髪が細くなり最後には生えなくなります。

 AGAの治療薬には発毛効果はもちろんのことですが育毛効果も必要になります。

なぜなら禿げた頭皮から発毛しても毛が細ければ頭皮がスカスカに見えてしまいます。しっかりと髪を育毛して太くしていくことで周囲から持たれている薄毛の印象を取り払うことができます。

 

この臨床試験ではリアップX5を使用することで1㎠当たりに生えている40μm以上の毛髪量の変化を測定したデータになります。

<太さ40μm以上の毛髪量の変化データ>

 

リアップ使用後の太さ40μm以上の毛髪量の変化データ

 

使用期間

毛髪数

前回からの増加数

4週目

0.8本

-

8週目

15.3本

14.5本

12週目

23.9本

8.6本

16週目

26.4本

2.9本

20週目

26.7本

0.3本

24週目

25.6本

-0.9本

 

この臨床試験データでは使用開始からリアップX5を使用してから2か月後に40μmの髪の毛が15.3本と使用1か月目から14.5本も増加しています。使用開始4か月目には26.4本まで増加し、その後は安定した本数を維持しています。

この結果からリアップX5は発毛した髪が抜けることなく太く長く成長させる効果があることがわかります。

リアップX5の生え際と頭頂部への育毛効果

大正製薬サイトにてリアップX5プラスにて医療効果が得られるAGAの脱毛パターンを確認すると「生え際(M字ハゲ)」「頭頂部」のどちらの脱毛症状に対しても有効であることが確認できます。

リアップの育毛効果が見込める脱毛パターン

リアップX5の副作用

大正製薬がリアップX5の使用者3000人に対して副作用の調査した結果を紹介します。

 

リアップX5の副作用発症率:8.8%  

 

<発症した副作用の詳細データ>

副作用の種別

発症率

湿疹

2.0%

毛のう炎

2.0%

接触皮膚炎

2.0%

その他

2.8%

 

リアップX5の有効成分であるミノキシジルは塗布した部分の頭皮に低刺激をもたらすため湿疹や炎症といった症状が副作用として報告されています。リアップX5の使用による重篤な副作用は報告されていません。

リアップ以外のミノキシジル育毛剤ロゲインについて

リアップシリーズ以外にミノキシジルを有効成分とした「ロゲイン」という発毛剤があります。

ロゲインは1980年代にアメリカのファイザー製薬から発売された世界で初めてのミノキシジルを有効成分とした発毛剤です。

 

ロゲインは日本国内での販売認可は得られていないため海外から個人輸入する方法でのみ購入できます。

個人輸入のデメリットは万一重篤な副作用が発症しても自己責任となるため十分な補償を受けることができず問い合わせ先もアメリカとなるため言語力が必要となる点です。

 

日本でリアップが簡単に手に入るなか、これらのデメリットを抱えてロゲインを使用する意義は無いためミノキシジルによる治療を行いたい場合はリアップの使用をおすすめします。

リアップでの医療費控除について

医療費控除は病院での治療と処方薬が対象となるため、リアップシリーズは医療費控除の対象外です。

以下は国税庁が定める医療費控除が対象となる医療費の一覧です。

 

<医療費控除の対象となる医療費>

医師又は歯科医師による診療又は治療の対価(ただし、健康診断の費用や医師等に対する謝礼金などは原則として含まれません。)

治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)

病院、診療所、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の対価

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。)

保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価(この中には、家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話に対する対価も含まれますが、所定の料金以外の心付けなどは除かれます。また、家族や親類縁者に付添いを頼んで付添料の名目でお金を支払っても、医療費控除の対象となる医療費になりません。)

助産師による分べんの介助の対価

介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価

介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額

No.1122 医療費控除の対象となる医療費|所得税|国税庁

 

医療費の控除が受けられるケースは医師から処方された薬であることに加え、年間の医療費が10万円以上である場合を対象とします。

つまり、インターネットの通販サイトやドラッグストアで購入できるリアップやそれ以外の育毛剤は医療費控除の対象外となり全額自己負担での治療になります。

リアップX5プラスの使用方法

リアップの用法は、1日2回1mlを脱毛している部分に塗ります。

使用方法はキャップを外して容器を逆さにすると、容器の先端にある計量室に1ml分の薬剤が貯まります。

薬剤が貯まったら、薄毛箇所に容器の先端を押し当てると計量室に貯まった薬剤が少しずつ流れ出ます。

 

<リアップX5プラス使用動画>


リアップX5 プラス「容器の使用方法」動画 |大正製薬

 

このように、リアップの容器は他の育毛剤と異なり計量室がケースに取り付けられているため塗る前にスポイトで薬液の分量を量る手間が省けることに加え、薬液が少量ずつ流れ出る設計になっているため薬液が頭皮を伝って垂れることがないため簡単に使用できる設計になっています。

リアップX5はフィナステリドと併用すると高い発毛効果が得られる

フィナステリドをリアップX5と併用することで高い発毛と育毛効果が得られます。

 

フィナステリドは厚生労働省より発毛効果が認められた服用タイプのAGA治療薬です。

リアップX5プラスの有効成分であるミノキシジルも厚生労働省より塗布タイプの治療薬として認可を得ています。

この2つを組み合わせることで高いAGA治療効果があるため薄毛専門のクリニックでも同様の治療法が行われています。

 

ミノキシジル・・・塗り薬タイプの発毛剤

プロペシア・・・服用タイプの発毛剤

 

この2つの成分は異なる発毛効果があるため、併用することで互いの成分の足りない効能を補完することで高い発毛効果が得られます。

 

有効成分

効果

 

ミノキシジル(リアップX5)

発毛を促進させる

 

プロペシア

脱毛の進行を止める

 

まとめ

リアップX5プラスは、ミノキシジルを有効成分としたAGA(男性型脱毛症)治療を目的とした発毛剤です。

ミノキシジルは厚生労働省より発毛効果があるとして国内で唯一塗り薬タイプの薄毛治療薬として認可を得ている成分です。

 

ミノキシジルは含有量が多いほど発毛効果があり、リアップX5プラスはリアップシリーズで最も多くのミノキシジルが含有されています。

 

リアップX5プラスは使い始めて6か月後には81.2%の人が発毛してきた実感を得られていることが臨床試験で確認されています。また、新しく生えてきた髪の毛は時間の経過とともに太く長い毛へと成長しています。

 

リアップX5プラスが対象とする薄毛のタイプはM字(生え際)と頭頂部の禿げに対して有効です。